定期的に作成するなら|チラシ印刷業者と提携することでお得に利用

開封率の高いメディア

はがき

見てもらうために

個人情報を含む文書をダイレクトメールなどが届いたときに封書で受け取ることもありますが、圧着ハガキで送られてくることもあります。圧着ハガキは郵送量ははがきと同じで済むのに、情報量は3倍あります。封書によるダイレクトメールは多くの人に開けられることがなく、ゴミ箱行きになってしまうのに対して、圧着ハガキは開封してくれる確率が高くなっています。企業が顧客に伝えたい情報は、圧着ハガキで送るといいでしょう。圧着ハガキをダイレクトメールに使用するとして、業者への発注方法をまとめます。圧着ハガキの様式で考えておくことはまず2点あり、折り方と接着方法です。折り方は大きく2つ折りと3つ折りがあります。3つ折りの方が情報をたくさん詰め込むことができますが、紙質によっては、はがきで送ることができる重さを超えてしまうことがあるので注意が必要です。2つ折りであれば、しっかりした紙を使ったとしても、はがき料金を超えることはありません。接着方法は数多くありますが、白黒印刷かフルカラーか、ロット数の大小によって適する接着方法が異なりますので、業者のお勧めに従うと良いでしょう。印刷内容も吟味が必要です。圧着ハガキは開封率が高いはがきですが、最初に目に触れる箇所へのインパクトが重要です。内容としては相手に利益があることを思わせるような文言を使用すべきです。圧着ハガキの印刷は通常の印刷物よりも納期がかかるため、発注に関しては早めに行うように心がけて下さい。